先日、JZX100チェイサーにブースト計を取り付けました。

今回は追加メーター(60φ)の取り付け方法について紹介します!
ダッシュボード上やAピラーパネルには設置したくない方へオススメの方法です。

目次

  1. ステーについて
  2. ステーの購入
  3. ステーの仮留め
  4. メーター取り付け
  5. さいごに

ステーについて

以前、チェイサーにブースト計を取り付けた際は、汎用のメーターホルダーを使用していました。

しかし、個人的に見た目があまり気に入らず・・・
高さもあったためスピードメーターに大きく被ってしまいました。

L700ミラではコラム専用ステーなるものがYahoo!オークションで出品されており、
こちらは視認性も良くとてもお気に入りでした。

そこで、同様のステーがJZX100チェイサーでも無いか調べたところ
GT-1 MOTOR SPORTSさんから販売されているのを発見しました!

公式サイトのバリエーション一覧に「JZX100」の項目はありませんが、
問い合わせたところJZX100専用品もあるとの回答をいただきました。

なお、メーター径60φ用のみのラインナップとなっております。

ステーの購入

自分はGT-1 MOTOR SPORTSさんのYahoo!オークション経由で購入。
取引連絡のメッセージで「JZX100」希望の旨をお伝えしました。

箱がちょっと大きい気もしますが、しっかりと梱包されて届きます。

支払い金額は
2,420円(ステー代)+1,100円(送料)=3,520円

取付説明書と固定用のビス2本が付属します。

アルミ製で分厚くしっかりとした印象。
黒アルマイト仕上げで質感も素晴らしいです。

ステーの仮留め

気になるところはステーのフィッティング。
コラムカバーへの干渉や取り付けビスの位置など特に問題なさそうでした。
また、左右どちらでも取り付け可能のようです。

ちなみに、ステーを取り付けするにあたって
穴空け用のコラムカバーを別に購入しておきました。

ビス留めする位置をマーキングし、キリで軽く穴を空けておきます。

ビスをねじ込み仮でステーを固定してみました。
軽く揺すってみてもグラつきなど無く安定しています。

裏側はこのようになっています。

ビスが少ししか刺さっておらず心細いですが、この真下にはスパイラルケーブルのユニットが来ることになります。
付属品以外の長すぎるビスを使用すると、回転部へ干渉の恐れがあるため注意です。

メーター取り付け

それでは実際にメーターを取り付けてみます。

まずはコラムパネルの取り外しについてです。

正面2箇所
下部1箇所

計3箇所のネジを外します。

すると上下にガバッと分割するように取り外しができます。

穴を空けたコラムカバーを取り付け、ステーをビスで固定します。

ここはデメリットですが、2分割のコラムカバーを跨ぐ形でステーをビス留めしているため、
コラム回りをバラす場合は都度ステーを脱着する必要があります。

そして、60φのメーターを取り付けてみました。
ワイパースイッチへの干渉もなくいい感じです!

また、今回取り付けたTRUSTのメーターは
背後からコの字型の金具で固定することができます。

他のメーカーのメーターを固定する場合は何かしらの工夫が必要です。

当記事で最初の方に載せたL700ミラの追加メーターは、
ダイソーのシリコンリストバンドを巻いて固定していました。笑

さいごに

純正シート、320φステアリング、身長171cmのオーナー視点では、
メーターがこのように見えます。

スピードメーターの0-40km/hと燃料メーターに被りますが、さほど不便に感じません。

以上、GT-1 MOTOR SPORTSさんのステーを使用した、
追加メーターの取り付け方法についてでした。

コラムカバーへの穴空けは必要ですが、格好良くメーターを設置できるのでオススメです。

追加メーターの設置場所に悩んでいる方へ、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

おわり


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA