どうもこんにちは。まつやんです。

先日、
M100系ストーリア(デュエット)
純正ロアアームバー

をミラに取り付けましたので紹介します。

目次

  1. 取り付け
  2. 更なる補強?
  3. 着地させると・・・
  4. さいごに

取り付け

まずは部品と取り付け箇所について
説明していきます。

ちなみに正式名称は
ロワーアームブラケットコネクティングロッド
といいます。

運転席側:ネジ穴2ヶ所
助手席側:ネジ穴1ヶ所

L700ミラのエンジンメンバー下部にも
ロアアームバーを取り付けるためのネジ穴があります。

しかし、20年落ちの車ということもあって
たいていのミラは錆や砂利等の付着により
すんなりボルトは入らない場合が多いと思います。

またボルトサイズは
M10の細目ボルト(ピッチ1.25)
ホームセンターにはあまり置いてないサイズなので注意。

ロアアームバー装着状態。

フジツボのマフラー(Legalis K)への
干渉はありませんでした。

更なる補強?

続いてこちらのロッドを取り付けます。
ロアアームバーの運転席側から
ボルトが伸びています。
このような取り回しで
ロアアームバーとエンジンメンバーを
ロッドで繋げます。
別アングルから。
絶妙にマフラーをかわしてます。
全てのボルト・ナットを
キッチリ締めて完成です。

着地させると・・・

地面との距離が3~4cmほどに。
(この後取り外しました)

マンホールとか轍に擦りやすくなるので
ローダウンされている方は要注意です。

純正ショックにダウンサス程度の車高なら
問題無く走れます。

さいごに

今回紹介したロアアームバー
大体3,000~4,000円ほどで手に入ります。

その上走りもシャキッとするので
なかなかコスパ良いパーツだと思います。

ただし、地面に引掛けるリスクもあるので
お気を付けください。

おわり

(最終更新日:2020/06/06)


1件のコメント

  1. はじめまして。
    突然のコメントすいません。
    先日ロワーアームブラケットコネクティングロッドを取り付けたのですが、ロッドの存在をこのサイトを通して初めて知りました。
    ロアアームバーとエンジンメンバーを固定するロッドの品番をご存知でしたら教えていただきたいです。

    ゆうき
    1. はじめまして。記事をご覧いただきありがとうございます。

      ロッドの品番についてですが、残念ながら中古で購入したため分かりかねます…
      唯一ある情報は、前の所有者曰くM100系ストーリアの後期から取り外されたらしいです。

      ご期待に沿うことができず申し訳ありませんでした。
      今後何か情報が入りましたら、こちらでコメント差し上げます。

      matuyoung
      1. コメント返信ありがとうございます。

        なるほどM100系ストーリアの後期モデルですか。
        いきなりの質問コメントにも関わらず返事下さってありがとうございます。

        ゆうき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA