どうもこんにちは。まつやんです。

先日、滋賀県東部の山奥にある「洗い越し」に行ってきました。

今回はこの場所や注意点などについて紹介します。

目次

  1. 洗い越しについて
  2. 場所
  3. さいごに

洗い越しについて

まず、「洗い越し」とは何か。

文章で説明するよりも、写真で見ていただいた方が分かりやすいと思います。

お分かりいただけますか?
道路に交差するような形で川が通っています

水の流れる部分は石畳になっていて、元から川が路上を通過する設計になっているんです。

写真だと少し分かりにくいですが結構な窪みです。
低車高な車での通過は難しいかもしれません。

こちらは元愛車のミラバンで行ったとき。
リップスポイラーが接地しそうでしたが、この程度の車高だと通過できます。

狭い道路ですが、1時間に1~2台ほど車両通行ありますので写真撮影時はご注意ください。

場所

滋賀県東近江市百済寺町にあります。
県道34号線 多賀永源寺線という道路です。

ふもとの国道307号線から20分ほど車を走らせたら到着します。


洗い越しに向かう途中、こんな看板もちらほら・・・

クマ出没注意!!

最も遭遇したくない動物ですね・・・

周辺は木々が生い茂っており、昼間でも薄暗い所が多々あります。

夜間は本当に真っ暗だと思うので行かない方が良さそうです・・・クマも怖いですし、携帯電話の電波が入らない場所もあったので万が一に備えましょう。

さいごに

以上、滋賀県 34号線の洗い越しについての紹介でした。

行かれる際は夏場の昼間が涼しくてオススメです。川の水も透明で冷たく、見ているだけで癒されます。

また、写真撮影時は通行車両石畳のヌメりに気をつけましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

おわり

(最終更新日:2021/03/12)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA