どうもこんにちは。まつやんです。

今回は、アルミ磨きシリーズ第2弾!

過去にアルミホイール4本を30時間かけて磨いたことがありました。

そして、次なる手磨きのお題は・・・

EF-DETエンジンのタペットカバーです。
ヤフオクで送料込み3,000円ほどの中古品を購入しました。

L900S ムーブカスタム 後期から取り外された物だそうです。艶という艶は全くありませんが、手磨きで輝きを生み出します。

目次

  1. 準備したもの
  2. 磨き作業
  3. 仕上げ作業
  4. 後日談

準備したもの

  • スポンジ
  • 台所用洗剤
  • ゴム手袋
  • 耐水サンドペーパー
  • 研磨剤
  • ウエス

耐水ペーパーの320番を切らしてました…仕方なく180→600→1000の3段階で磨いて行くことに。

磨き作業

アパート一人暮らしあるあるですが、万能スペースであるお風呂での作業になります。

タペットカバー洗浄

大まかな手順は、アルミホイールを磨いたときと同じです。まずはスポンジと台所洗剤で汚れをできる限り落とします。

180番磨き
風呂場が・・・

スポンジで汚れを落とし終えたら耐水ペーパーで手磨き開始です。

はじめに180番

この後600番→1000番と段階を踏んで行きますが、最初の180番での処理が1番大事です。

180番磨き後
↑180番で磨き後。
1時間半ほどかけました。

表面に小さなヒビのような傷が多数ありましたが、少し目立たなくなりました。

使用には問題無さそうでした。

600番磨き後
600番で磨き後。
1時間ほどかけました。

触り心地はだいぶ良くなりましたが、180番で磨いたときのスジが若干分かりますね。

やはり180番の次は320番を挟む必要があるようです。

1000番磨き
↑1000番で磨き後。
1時間ほどかけました。

触り心地はかなりスベスベに。

ちなみにプラグホール周りは妥協してます。車両に取り付けた際カバーで隠れるので…

そして、再び洗剤とスポンジでタペットカバーを軽く洗い、風呂場も丸洗いしました。

乾燥
丸一日乾燥させました。

この時点で既にパッと見キレイ。磨き前と比較すると一目瞭然です。

仕上げ作業

これからお馴染みの研磨剤で磨いていきます。

ピカールで磨き後。もう十分キレイです。
毎度お馴染みブルーマジック
仕上げて行きます。
近くで見ると・・・・・

少しスジが見えますが完成です!小傷等残ってますがヨシとします。

以上、タペットカバーの手磨きでした。次回はミラのエンジンに取り付けていきます。

後日談

磨いたタペットカバーを車両に取り付け、元々ミラに付いていたタペットカバーを取得し2度目の手磨きに挑戦しました。

前回の反省点を踏まえて、180番→320番→600番→1000番→ピカール→ブルーマジックといった流れで進めて行きます。

そして、出来上がったものがコチラ…

前回よりも光沢が増しました!

完成度が上がった要因としては、320番を挟んだことと、180番での磨きをさらに念入りに行ったことが考えられます。

合計作業時間は6時間ほどでした。

また機会があれば、3作目にも挑戦したいと思います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

おわり

(最終更新日:2020/10/14)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA