どうもこんにちは。まつやんです。

前回の記事では、EF-DETエンジンのタペットカバーを手磨きでピカピカにしてみました。

今回はそのタペットカバーへ交換する際の手順について紹介します。

目次

  1. タペットカバー取り外し
  2. タペットカバーの比較
  3. タペットカバー取り付け

タペットカバー取り外し

まず、こちらがL700ミラのEF-DETエンジンまわりです。タペットカバーを交換できる状態にするためには、色々な部品を取り外さなければなりません。

初めにインタークーラーから。ホースが固くて外しにくいです。

写真のようにスロットル側のホースから先に引き抜き、手前に起こすようにすると外しやすかったです。

インタークーラー外れました。まだたくさん部品が付いてます。ちなみに2本の茶色いトヨリングホースはオイルキャッチタンクに繋がってます。

樹脂製のプラグホールカバーを外すとイグニッションコイルが現れます。

イグニッションコイルに繋がるカプラーを抜いてボルトを外し、引き抜きます。

このとき、プラグホールパッキンからのオイル漏れが無いか見ておきましょう。

そして、タペットカバーに各ステーが付いているので全て外します。
(左からアクセルワイヤー、インタークーラー、スロットルボディのステー)

タペットカバーに繋がっているホース類も全て引っこ抜きます。

こちらがタペットカバーに何も付いていない状態です。

写真赤丸6か所のボルトを外すとタペットカバーをパカッと取り外せます。

無事外せました。内部は問題なさそうです。

タペットカバーの比較

取り外したカバーと先日磨いたカバーの比較です。めっちゃ汚れてますね。

L900ムーブのタペットカバー

L700ミラのタペットカバー

ちなみに、形状は同じでしたが刻印されている数字が違いました。
何の意味があるのでしょう?(L900ムーブ 刻印「6」、L700ミラ 刻印「3」)

タペットカバー取り付け

それでは綺麗なタペットカバーを取り付けていきます。基本的には取り外しと逆の手順で組みます。

ちなみに、パッキンは交換して間もなかったため再利用しました。

そして角の部分とプラグホールパッキンに液体ガスケットを塗布しました。

パッキンをはめ込んで再び6か所ボルト留めし、取り付けます。

イグニッションコイルを差し込みボルトで固定。そしてカプラー接続

プラグホールカバーを装着。各ステーも取り付けていきます

外した各ホースの接続、インタークーラー取り付けを行い作業完了です!

ノンターボのEF-VEエンジンならもっとカバーが目立つんですけどね。しかしカバーが綺麗になるだけでかなり印象変わります。そこまでお金もかからないんでオススメです。

以上、タペットカバー交換でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

おわり

(最終更新日:2021/03/10)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA